父は遺産無し、資産無しで祖母からの15万円

家も土地も貯金も無い父でしたので、遺産はありませんでしたし、お金になるようなものも持っていなかったので資産もありませんでした。
それでも、祖母は病院にいるときずっと看病していたということと、大阪付近の不動産相続でお悩みならば車を廃車にする手続きをしたこと、遺族年金の手続きをしたことに対して15万円、感謝の気持ちだと言ってくれました。
完全に祖母も貯金が0だったことや、部屋を探しても酒類の空き瓶空き缶しか出てこなかったことで諦めていたようで、唯一遺族年金の受け取りができることで納得したようでした。
ただ、腹違いの妹のいる複雑な立場にある父には遺産や資産が無くて良かったのかもしれません。
父が亡くなってすぐ、妹の母親から連絡があり父の遺産を妹にももらう権利があると言われました。
葬儀のお金すら残さず亡くなった父ですから、葬儀代を半分出して欲しいくらいだということを伝えると、その後一切連絡は来ませんでした。
このように、遺産の無い人も世の中には沢山いるものですから、自分はせめて死ぬまでにある程度物を残さないようにしようと今では、使わなくなったものは順番に捨てるようにしています。