親の死後に無用な相続トラブルが発生するのを避けるには

相手が親でも「どのくらい資産を持っているのか」とは聞きづらいので、ほとんどの人は親の正確な資産内容を把握していませんが、大阪の税理士法人でならばそれでは親の死後に遺族間で様々な相続トラブルが発生する可能性があります。そのため、親がまだ元気なうちによく話し合い、親の資産内容を正確に把握しておくと親の死後に無用な相続トラブルが発生するのを防ぐことができます。
しっかりした親なら高齢になると自分から資産の話をしてくれるのでスムーズに話が進みますが、そうでない親の場合は子供の方から話を切り出さないといけません。しかし、話の切り出し方が下手だと親は「この子は自分の資産を狙っているのではないか」と思ってしまう可能性があります。そうなると家族関係がギクシャクしてしまうので、「資産内容を正確に把握するのはお互いのためだ」ということが親に伝わるように話を切り出すことが大切です。例えば、「二人の体に何かあった時に治療費や介護費用として使うので、今のうちにどのくらいの資産があるのか把握しておきたい」という言い方なら家族関係がギクシャクする可能性は低いです。また、無用な相続トラブルを避けるには親に遺言書を書いてもらうとなお良いです。