親の預金はどのように相続すればよいのか

人が生活するためにはある程度のお金が必要になるので、大阪付近で相続手続きでは大半の人は預金を持っています。そのため、親が亡くなって相続が開始したときも、遺産の中に預金があるのが通常です。そこで、相続人となる子どもは親の預金をどのように相続すればよいのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

親の預金の相続手続きをする場合、基本的に相続人全員の合意がなければなりません。銀行では、預金所有者が亡くなったことを知るとその預金を凍結して引き出せないようにします。そして、引き出せるようにするためには、相続人全員で相続手続きをしなければならないのです。親の預金は金銭債権であるので、相続が発生すると当然に相続分の割合で相続人に承継されるとも考えらえれます。ですが、銀行などの金融機関の大半は、相続人全員の同意がなければこれに応じません。そのようなことから、相続人間でなかなか話がまとまらないと、預金の相続手続きが進まないこともあるので注意しましょう。