ネガティブ面の目立った遺産相続について

30代後半の女性です。私自身は、家族がみな元気なため、幸いにも未だ直接の遺産相続を受けたことがありません。ですが、大阪付近で相続手続きは結婚した夫やごく近しい親戚の人々など、「相続を受けて、むしろ大変な目に遭ってしまった。」と愚痴をこぼす人が、周囲に何人かいます。

夫の場合は、母親の兄弟(=叔父)がなくなった際に一定額の遺産を相続したのですが、これは生前に知らされておらず、まさに寝耳に水の話でした。叔父は生涯独身で自分の家庭を持たず、肉親は夫の母だけだったのですが、夫はこの母親を通してすべての相続事項を知らされたのです。

その際に、微妙に話の食い違いがあったりしたために「本当なのかな?」「母さんが、何か調整しているという可能性はないだろうか…。」という、不信感を抱く結果になってしまった、と言います。遺産相続のせいで、それまで問題のなかった家庭に波風が立ってしまうというのは、何とも残念な成り行きです。相続税の問題もあったため、夫はこの遺産相続をかなりネガティブなものととらえて今にいたります。

|ショッピングカート|病院ナビ|クレジットカードの即日発行じゃけん|クリニックの教科書|JALカード|お家の見直ししま専科|病院の教科書|工務店向け集客ノウハウ|クリニックナビ|生命保険の選び方|医療ラボ|健康ナビ|マッサージのリアル口コミ.com|内職 アルバイト|健康マニアによる無病ライフ|病院ネット|童話|病院ラボ|医療ナビ|クリニック集客ノウハウ|クリニックラボ